2011年02月09日

スピーチが苦手

あがり症の人で、「スピーチ」を苦手にしている人は多いです。
やはり大勢の人の前で話をすることに緊張してしまうのですね。


赤面したり、緊張して思うように話せない為に、
自分は口ベタだと思い込むのも挙がってしまう原因のひとつです。

しかし一方で、あがり症だったのにスピーチを上手に出来る方もいます。
原因を知り、上手に話すコツを掴めば、苦手意識も軽減する事が可能です。



あがり症の方は、恥ずかしい思いをしたくない、
完璧に話したいばかりに返って緊張してしまうケースがあります。

スピーチでは程度な緊張は言葉使いを慎重にして丁寧な口調にさせるとして、
一般的にも必要なものとされています。

というか誰でも緊張します。




原稿を準備してから話したり、リハーサルをするのは大切で、
しっかり話せる自分の姿をイメージし、スピーチする会場などの雰囲気に慣れるのも肝心です。


2,3回練習したというのは、
はっきりいって練習のうちに入りません。

会場の様子、お客さんの顔をなるべくリアルに思い浮かべ、
可能ならば実際にスピーチ会場に足を運び、

100回でも200回でも練習してください。
経験不足から禁猟するのですから2,3回の練習で上手くいくはずがないのです。




話す内容は、身近な話題、共感できそうな話題を取り込み、
自分の言葉で話します。

例えば結婚式のスピーチなら、自分しか知らない新郎新婦のエピソードを織り込むと、
周りも興味を持って聞いてくれるはずです。








サドルにバイブを装着
自転車を漕ぎながら思わずアクメに達してしまう女子社員たち。

女子高生
女子校生の制服姿に思わずムラムラ…

レズビアン
女同士が舌を絡ませるレズキス、女性の股間に顔をうずめる。

絶頂
どうやら「イク」のと潮吹きは違うらしい。

ナース 動画
可愛くてスケベな看護婦さんを探しています。

太郎 - 琢磨 - 健太 - 大河 - 勇樹


posted by あがり症がコンプレックス at 15:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。