2010年08月11日

上手にコミュニケーションをとるには

どう話せばよいのか思いつかないのであれば、
相手の年齢や性別、好みなどに合いそうな話題を中央にして関心を引くと、

相手もあなたの話に興味を持ってくれるはずです。


あがり症の方は、
人とどのようにコミュニケーションして良いのか分からない、
話すきっかけが掴めないと悩む場合が多いようです。


あがり症の克服には、第一に人前でスピーチしたり、
話をすることに慣れるのが重要とされます。


上手に話そうとする必要はありません。
また、苦手意識から話すのを避けるのも要因になります。


話すのではなく聴き役に徹して、意見を求められたり、
相槌を打つ事からコミュニケーションが困難な場合が多いのですが、

誠意を持ってあたれば相手も自分を理解してくれます。



コミュニケーションを初めるのも良く、
方言交じりであっても、早口でも良いのです。


あがり症だからと知り込みせず、
少しづつでも自分から話せるようにしましょう。



あがり症の方はそのコミュニケーションは、
人間関係を築く上で欠かせないものであり、

何度も会話したり、議論したりしてお互いをしろうとします。




顔の産毛処理に困ったら 【 ムダ毛対策 】 ムダ毛を薄くする方法 【抑毛ジェル】 子供が毛深い | 親だからできる肌に優しいスキンケア 頭皮を柔らかくする方法 産後の抜け毛対策 濃いヒゲや青髭を細く薄くする方法 濃い髭と青髭の対策にはコレです
posted by あがり症がコンプレックス at 19:22| あがり症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

β遮断薬を使ってアガリ症を克服

飲む事で気もちが落ち着けるとして、
その内に飲まずにいると緊張が取れないと感じてしまい、

身体は必要ない状態なのに、
精神的にβ遮断薬に頼ってしまう状況になりかねません。


あがり症にも効果が認められで
投薬治療に用いられるようになりました。


予めあがってしまいそうな場合に備え、
時間を見計らって服用すると良いでしょう。


あがり症にβ遮断薬が使われています。


あがり症に有効なβ遮断薬は、
喘息や心臓障害の為の薬剤との併用が禁忌であり、

使用の際は医師の説明に従って適切に服用するようにしましょう。


β遮断薬は本来は、心筋梗塞や不整脈、
高血圧などに使われる薬物なのですが、

あがり症克服としては、動機や震え、発汗を抑える作用があり、
今は広く利用されています。


定期的に服用すると、あがり症の症状も少しずつ克服できるようです。


服用後およそ1時間経つと冷静さが保たれ、
以後数時間に渡り効果が持続します。

しかし、高い効果が期待できる事は、依存してしまう事も考えられます。



20代 薄毛 頭頂部 薄毛 生え際 後退 前頭部 薄毛
posted by あがり症がコンプレックス at 18:59| あがり症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。