2010年11月01日

スピーチが怖い

あがり症や不安障害(SAD)を克服する講座


あがり症であるならスピーチの最初に、
自分があがっていることを聞いている方に述べても良く、

かえって気楽にもなれて、
多少の声の震えなどは気にならなくなるでしょう。


話し上手であり気持ちから落ち着きを無くしてしまうようです。



スピーチでは程度な緊張は言葉使いを慎重にして丁寧な口調にさせるとして、
必要なものとされています。


例えば結婚式のスピーチなら、自分しか知らない
新郎新婦のほほえましいエピソードを織り込むと

周りも興味を持って聞いてくれるでしょう。



話す内容は身近な話題、共感できそうな話題を取り込み、
自分の言葉で話します。


原稿を準備してから話したりリハーサルをするのは大切で、
しっかり話せる自分の姿をイメージし、スピーチする会場などの雰囲気に慣れるのも肝心です。




人生はゲームなのか コントロールするのは自分 現実創造のプロセス 信念と感情と行動 自分自身でいること

posted by あがり症がコンプレックス at 15:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。