2010年09月26日

結局は対人恐怖症

あがり症というのが、
結局のところ対人恐怖症だというのは、

間違いないことです。



相手がいるから、人がいるから、
あがりもするし、緊張するんですよね。


あがり症の人というのは、
いい意味でも悪い意味でも周りを気にしすぎなんですね。


いい意味では、まわりを広く見ているので、
いろんなことに気がつきます。


悪い意味では、
周りのことが気になって、無意識意のうちに気疲れしています。



もちろん社会で暮らす以上、
まわりの人たちとのコミュニケーションは、すごく大事です。



でもある種、
どうなってもいいや。くらいの開き直り、

こういう発想も必要だろうと思います。



どう思われてるかなんて気にしないし、
関係ないと考えるのですね。





二人目不妊なのかしら?
あなたはご自身たちのことを二人目不妊だと「思い込んでいる」可能性があります。
http://2funin.ngewi.com/

妊娠しやすい体になる方法
一時的に低下している体の機能を、本来持っているもとの状態にもどしてあげること。これが妊娠しやすい体をつくる基本です。
http://pregnancy.ngewi.com/

高齢でも自然妊娠できる確率をあげる方法
「あること」を実践することで子宮年齢を若返らせ、妊娠する確率をあげることができます。
http://sizen.pazlove.com/

赤ちゃんが欲しい夫婦へ
赤ちゃんが欲しいご夫婦が、まずするべきことは、不妊症の根本的な原因を解決することです。
http://akachan.pazlove.com/
posted by あがり症がコンプレックス at 17:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

自意識過剰

あがり症の人には、自意識過剰の傾向があるといいます。
つまり意識しすぎなんだと。


たしかにスピーチにしろなんにしろ、
あがり症の人は、他人の視線、ひとにどう見られているか?

ということに注意が向きがちです。



ひとはそんなにあなたのことを見ていませんし、
考えてもいません。


ですから、ある意味ずうずうしいくらいの図太いこころを持ちたいものです。



効果的なのは逆説志向することです。
逆説志向というのは、あえて緊張してみようとすること。


たとえば、ある場面で意識的に
赤面してみよう、声を上ずらせてみよう、汗をたくさんかいてみようと、

するのです。意識的に。



これ、やってみると分かりますが、
できるものではありません。


あがるまい。とするとかならず上がってしまうのに、
いざ、あがってみようとすると、ひとはあがれないものなのです。


面白いですよね。



それから女性の場合、ムダ毛が気になって、あがってしまったり、
または赤面してしまったり、ということもあるかも知れません。


Vライン 除毛などは普段目立つ場所ではないですから、
ビキニライン ムダ毛が、アガリを引き起こすとは思えませんけど、


顔の産毛とかが気になって、ムダ毛 薄くするということが、
自分に自身をつけることにも、つながったりします。


子供 毛深いとお悩みの場合も同様に、
適切なケアをすれば、ムダ毛をコントロールすることは可能です。
posted by あがり症がコンプレックス at 13:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。